高知石灰トピックス

高知石灰ブログ

  • 化学物質過敏症
  • 2021年05月27日
「STOP!香害」〜香りに苦しんでいる人がいます〜

高知の化学物質過敏症の患者会ゆるゆる仲間から「STOP!香害」のパンフレットの
案内がありました。

昨今では当たり前のようになった香水のような香りが長続きするという柔軟剤や洗濯洗剤。
香りの成分として使われているのは合成香料という石油由来の化学物質です。

一般的に販売されている洗濯洗剤や柔軟剤のほとんどにこの「香料」という成分が表示されています。
それを使う人の衣服に付いた香料臭が、家庭から、職場、学校などあらゆる場所で溢れています。

化学物質過敏症は、シックハウスや何らかの原因で高濃度の有害化学物質を取り込むことで
発症しますが、最近では、職場や学校などの日常空間で日々、合成香料を吸い続けることで
頭痛、咳、めまい、吐き気、倦怠感など様々な症状が出るようになり、その状態を放置すると、
ある日突然、化学物質過敏症になってしまうという人が全国的に増えているようです。
実際に当社にも職場で働けなくなったという人からの問合せを頂いています。

「STOP!香害」〜香りに苦しんでいる人がいます〜パンフレット
「STOP!香害」〜香りに苦しんでいる人がいます〜パンフレット

体調不良を引き起こす合成香料は、柔軟剤や洗濯洗剤の他、芳香剤や消臭剤、
除菌剤、制汗剤など、あらゆる香り付き商品に配合されています。

職場での合成香料や受動喫煙などによる体調不良、学校でも同様ですが、
家庭でもお子さんの頭痛が合成洗剤から石鹸系洗剤に変えたら治ったという例も
あるように、様々な有害化学物質が原因で体調不良になり、日常生活が送れないように
ならないためにも、食べ物と同じ考えで、体に取り込む空気の良し悪しも判断できるように
なることが大切です。

「STOP!香害〜香りに苦しんでいる人がいます〜」のパンフレットの内容は一番下の
関連リンクからご覧いただくことができます。
合成香料が原因の体調不良は今後益々広がるであろうと考えられます。
是非ご一読ください。