よくあるご質問

高知石灰 TOPよくあるご質問製品の内容について

漆喰について、お客様からよくいただくご質問(FAQ)にお答えします

  • 内壁にはどの漆喰がいいですか?

     弊社製品の『自然派しっくい白亜』を推奨いたします。

  • 外壁にはどの漆喰がいいですか?

    自然派しっくい白亜も外壁を施工できます。
    弊社製品の『手づくり土佐しっくい21』はスサ(繊維)や寒水石などの配合を外壁用に調合したしっくいで、環境変化の激しい外部施工に対応し、耐久性をより向上させた外壁専用のしっくいとなっております。

  • 純土佐漆喰と自然派しっくい白亜の違いって?

    純土佐漆喰』は稲ワラの繊維が入っており、施工直後は色が土色で時間の経過とともに薄くなりますが、自然派しっくい白亜は初めから白いので、専用カラー10色で色をつけることもできます。どちらの漆喰も自然素材だけでつくっています。

  • 白亜は自然素材だけで作られていますか?

    はい、製品名にもありますように『自然派しっくい白亜』は石油系原料無添加、100%自然のものだけで作っていますので安心してお使い頂けます。

  • 白亜の成分はどんなものですか?

    高知県産の良質な消石灰を主原料とし、寒水石(大理石粉)・麻すさ(繊維)・海藻糊・その他天然原料で作られています。 

  • 漆喰のカラーはありますか?

    ウェブサイトにも掲載されていますが、10色の『専用カラー』があります。全色淡い色合いですので、和洋どんな雰囲気にも馴染む様になっております。
    但し、外壁は色むらが出来てしまう恐れがありますのでカラーは内壁のみとなっております。

  • 『専用カラー』の成分はどんなものですか?

    専用カラー』は天然土である黄土を主原料に、昔から神社の鳥居などにも使われてきたベンガラ(酸化鉄)をブレンドして作っていますので、安心してご使用いただけます。

  • 化学物質過敏症やシックハウス患者も白亜を使えますか?

    化学物質過敏症(CS)やシックハウス症候群の患者様は症状によって個人差があり、全て自然のものでも時には海藻糊の匂い等に反応されてしまう方も中にはいらっしゃいますので、サンプルでご確認して頂く必要があります。弊社はCSに詳しい担当者がおりますので詳細はメール等でお問い合わせください。

  • 下塗り材も100%自然素材のものはありますか?

    弊社製品で『ナチュラルベース』という100%自然派の下塗り材がございます。一切石油系原料を使用しておりませんので、安心してお使い頂けます。においも少なく、ペースト状なのでDIYにもおすすめです。

  • 自然派しっくい白亜や手づくり土佐しっくい21は不燃素材ですか?

    漆喰は元来非常に防火性が高く、建築基準法第2条第9号において不燃材料に認定されています。不燃認定番号等も改めて取得する必要のない素材ですが、自然派しっくい白亜はよりご安心頂くために不燃材料の認定番号(NM−4569)を取得しています。

  • 下塗りシーラーはどんなものを使えばいいですか?

    一般的には酢酸ビニール系又はアクリル系でセメント・漆喰用(耐アルカリ仕様)であればどちらのメーカーの物でもご使用して頂けます。
    但し、一般的に販売されているシーラーは石油製品になりますので、自然派の下塗り材をご希望の方は『ナチュラルベース』をご検討ください。

  • 黒い色粉はありませんか?

    取り扱いはございますのでお問合せ下さい。黒漆喰は色むらになりやすく施工が難しいのでご注意下さい。

  • 施工のマニュアルやカタログはありますか?

    ウェブサイトに施工マニュアルとカタログのPDFを掲載しております。「カタログ・資料情報」をご参照下さい。郵送ご希望の方は資料請求フォームからご依頼ください。

  • SDS(安全データシート)はありますか?

    ウェブサイトにPDFで掲載しておりますのでご参照下さい。「カタログ・資料情報」をご参照下さい。郵送ご希望の方はお手数ですが資料請求フォームからご依頼ください。

  • 漆喰と珪藻土はどう違いますか?

    漆喰は主原料である消石灰が自然の反応により自ら固まり壁になりますが、珪藻土はそれ自体で固まることは出来ませんので固まるための固化材(セメント・樹脂・石膏など)が必要です。両者ともに調湿性や消臭性など多くの性能がありますので、目的・用途に合わせてご検討下さい。

ページの先頭へ