高知石灰トピックス

高知石灰ブログ

  • 漆喰のこと
  • 2013年11月08日
住まい手による漆喰塗り完成!


先日、新築の住宅に施主さまによるDIYで当社の「土佐しっくい白亜」を塗っていただいた現場が完成しました!

このお家は、施主であるTさまのご友人が以前、当社の漆喰をご自宅にDIYで塗っていただいたことがあり、そのご紹介によりご採用いただくこととなりました。 T様による土佐しっくい白亜の上塗り作業
T様による土佐しっくい白亜の上塗り作業
DIYによる漆喰塗りが完成し、大変だったことや楽しかったことなど、実際に塗られた率直なご感想をいただきましたのでご紹介します。

以下、施主様からいただいたご感想(原文のまま)です。


******************************************

新築するときは、壁を自分で塗りたいと思っていましたが、
家族に「無理って」と止められたのと、
「漆喰は高度な技術がないと塗れない」という先入観があって、
やっぱり無理かなあもとも思ってました。

ところが、高知石灰さんに相談したところ、
ていねいに漆喰のことや、塗り方を教えてくれ、
なんかできるような気になってきました。
さらに、漆喰を自分で塗ったことのある
友人が手伝ってくれるとのことで、これならいけると。

しかし、実際に塗ってみると、
思った以上に、時間と体力のいる作業でした。
朝から晩までずっと壁に向かってましたね。
ただ、大変なんですが、友人や家族とわいわい言いながら塗るのは、本当に楽しかったです。 ご友人O様による下塗り作業
ご友人O様による下塗り作業
DIYに反対していた妻も、ある日
妻:「わたしも塗ってみる」
私:「いいよ。」(多分うまく塗れんな。これで俺のすごさ分かるな。ふふふ。)
しばらくして
妻:「どう?」
私:「うまいやん。すごいすごい。上等や」(なんで、きれいにできるがな。くやしい〜。自分が最初に塗ったのよりうまいじゃん。)
妻は、プロの左官さんみたいな格好で塗ってましたね。

だんだん鏝(こて)にも慣れて、うまくなった気になると、

自画自賛&自慢したくなるんです。
もう最後のほうは、自分の塗った壁の自慢合戦でした。
そして、完成が近づき、だんだん塗る壁がなくなってくると、
「あ〜、もう終わってしまう〜。もっと塗りたい〜」ってなってきます。
打ち上げは、一番景色の良い部屋ではなく、
一番大きな壁のある部屋で、壁を眺めながら乾杯しました。
達成感もありますし、大満足でした。 完成した漆喰壁
完成した漆喰壁
DIY漆喰、本当におすすめです。
迷っている方は、ぜひ、挑戦されることをお勧めします。
意外となんとかなるもんです!
すごく家に愛着がわきますよ。というよりも、壁が大好きになりますね。
朝夕の光に当たると、壁のちょっとした凹凸が分かって、表情が出てきます。
そうすると撫でたくなりますね(笑)。

データ
壁面積 約160u
自然派下塗り材(18kg)   5缶
白亜(練り18kg)      18袋
養生        5人役
下塗り       5人役
上塗り       10人役(うち4人役はプロの左官)
養生はがし・掃除 4人役
隅・塗り残し補修 2人役  ご家族3人の手型、記念になります
ご家族3人の手型、記念になります
******************************************


私も現場には何度か訪問させていただきました。最初のころは「想像以上に大変」というご感想をいただきながらの作業でしたが、進んでいくとしだいに楽しそうに作業されていたのが印象的でした。

DIYはそれなりの苦労もありますが、仕上がった時には大きな達成感を味わうことができます。

DIYの良さは何と言っても家に対する愛着が湧くことですが、漆喰壁を選んだ場合の予算面でも、相当な節約ができるというメリットがあります。

新築やリフォームの際に、住み手が家づくりに少しでも参加することは、家や素材を理解し思いを込めるにはとても良いことです。

ページの先頭へ